2006年03月01日

至福のとき

このタイトルは弟がつけました。
ももちは生後一ヶ月でうちに来て
一人でトイレに入ってご飯を食べれるようになるまで
弟が一生懸命お世話をしていたんです。
ももちはちゃんと覚えていて
弟に対する甘え方は他の家族と比べようがないほどなのです。
この写真の時も手を出すとペロペロなめて
抱え込んですぴーと寝てしまったそうです猫(泣)
弟とももちの至福のひと時だそうですよ〜Good




至福の時.jpg

しばらくの間この状態で
腕がつったそうですww
ニックネーム みほ at 12:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優しい弟さんですね〜。
それに、それを忘れないももちちゃんも
本当に良い子。
至福の時、この写真にぴったりの
タイトルですね(*^_^*)
手を抱えるように寝ていくなんて〜。
手がつっても、なかなか手を
動かせなかったでしょうね〜(~_~;)
Posted by Sunny at 2006年03月01日 13:44
にゃんてかわいいの〜♪
羨ましいほどの絆だね。
猫ってこんなに愛情に対して返してくれるものなんだね。
まるで私とねねのよう(涙)
ねね〜〜帰ってこーい(泣)
Posted by sizuku at 2006年03月02日 01:01
Sunnyさん

弟は本当に優しいです。
うちで唯一の男の人なので
みんな頼っちゃうんですよ〜
ももちはとにかく弟ラブ〜
足音だけで弟が来るとわかるみたいで
入口のところで鼻をならして待っています。
まるで忠猫ももちみたいに〜(笑)


sizukuさん

本当に羨ましい〜
でもね、ももちが来て三日間は
私が会社に連れて行って(社長に怒られながら)
育ててたんですよ〜
そ〜んなことは忘れてるそうです(涙)
ねねとsizukuさんも素敵な関係だったんだね。
Posted by みほ at 2006年03月02日 12:27
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/215584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック